中華の肉味噌(炸醤 ザージャン)大量に作り、ストックしておいて超便利!【ドングリ爺の定年料理】

中華の肉味噌(炸醤 ザージャン)って、麻婆豆腐麻婆ナス担々麺、そんでもって、味噌ラーメン.. 幅広く使え 超便利!ですよね。

しかも、豚ひき肉の特売で安く大量に手に入ったときなんか、冷凍ストックしておけば、料理の救世主 (The savior of cooking)です。

豚ひき肉が、安く手に入ったので 炸醤(ザージャン)を作って冷凍保存しておこうと思います。

超便利ですので、皆さんも作ってみて下さい。

ポイントは一つ、 調理は極力 強火、です。

ポイント

  1. なんと言っても 火加減は極力 強火 です。豚油でカリット焼き、肉汁を閉じこめメイラード反応(香ばしさ)を生み出します。

    肉汁を加熱すると、たんぱく質分子間で結合し、チジミ保持していた水分が分離します。

    それが、うま味分エキス分脂肪、いわゆる肉汁です。

    肉の表面を焼き固め、極力流出を防止します

作るのは、すごく簡単です。
さぁ、作っていきましょう!

材料

  1. 豚ひき肉 600g
  2. 甜面醤 大さじ 4
  3. 醤油 小さじ 2
  4. 酒 大さじ 2
  5. 胡椒 少々
  6. 豆板醬(辛いのが好きなので入れました。) 小さじ 2

注記

豆板醬は、個人の好みです。
入れる必要はありません。

日本酒で全然かまいませんが、紹興酒 を使えば中華風味が引き立ちます。

調理工程は、3工程  です。

豚ひき肉を 強火で香ばしく炒めます。

フライパンに 大さじ 2 程度のを熱し、終始 強火 で肉に火を通します。

 火が通った 見極め。

肉を焼いていくと 肉汁が出てくるのですが、火が通っていないと 出てきた肉汁に 色んな成分が含まれていて 濁っています。

さらに加熱していくと、肉汁の油に含まれている 成分が蒸発し、ほぼ油分になり 透き通ってきます。

それが、肉に火が通った 目印 になります。

注意ポイント

肉は、表面から雑菌が繁殖します

特にひき肉は、一粒一粒と表面積が多いわけで雑菌のリスクが高くなります。

細菌の詳細は、ハンバーグ 、肉汁の封じ込めが勝負!記事を参照してみてください。

そのような理由で、しっかり中までを入れて下さい。

すばやく、調味していきます。

調味の主役、豆板醬を加えます。

豆板醬を 大さじ 4 加えます。

豆板醬は糖分が多く含まれているので、焦げやすいです。

火を 中火 に落とし混ぜ合わせ、肉全体に回します。

酒を加えます。

酒 大さじ 2 加え混ぜ合わせます。

火を 強火 に上げ、アルコールを飛ばします。

香りづけの醤油を加えます。

醤油小さじ 2 加え、すばやくかき混ぜます。

良い香りがたってきました..

火は 終始、強火 です。

胡椒・豆板醬 を加えます。

豆板醬を加えるのは、個人の好みです。

必ず加える必要はありません。

胡椒 少々 加えます。

豆板醬の塩分で 味は、OK でしたが、味見して薄かったら 塩で調整して下さい。

全体をすばやくかき混ぜて 完成 です。

超美味い! 炸醤(ザージャン)が完成しました。

良い味しています。

作って冷凍しておけば 必要な時にすぐに使えます。

即席麻婆豆腐少し加えて1ランク UPしますよ!

ぜひ、作り置きしておけば超便利な 炸醤(ザージャン)を作ってみて下さい。

Let's make it.

スポンサーリンク

-ドングリ爺さん no のんびり料理

Copyright© ドングリ爺のblog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.