岩屋寺の大杉

古木を訪ねて

四国霊場45番札所「岩屋寺」は その名の通り岩峰の中に立っお寺です。切り立った岸壁には沢山の穴が掘られており梯子が架かっています。かつての僧達が厳しい修行をした跡です。自僧の開祖 一遍上人も長い年月 ここに籠りました。その苛烈な修行の様子は「一遍上人絵伝」に詳しく描かれています。このように岩屋寺は伊予の国の代表的な山岳道場として古くから有名でした。今日は修行僧に代わって「お遍路さん」によって巡礼修行の場となっています。参詣路の中程に樹齢700年を超える大杉がそびえており、急坂を登ってきた“善男善女”たちは ここでひと休み。背負ってきたそれぞれの人生は、みんな“いい顔”になって汗をぬぐっていました。

Googleマップ 愛媛県上浮穴郡久万高原町七鳥

 

(次)用居川内八所神社の大杉

古木を訪ねて 永い風雨に耐えて生き抜いたきた木には独特の“味わい”があります。そえを実感するには眺めるだけでなく“触れる”ことが大事なようです。スキンシプは人間と木の交流において欠かせないものです。最 ...

続きを見る

(前)大深山の大楠

古木を訪ねて つわものが 永き眠りの クスの下 いくさの日々も 遠き夢かな。 Grand Cinnamomum camphora on the place where many soldiers re ...

続きを見る

スポンサーリンク

Copyright© ドングリ爺のblog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.