小長井のオガタマノキ

古木を訪ねて

山道に 巨木被いて 旅人の 休らう影に 吹く風涼し
Grand tree’s shade and wind blow off travelers’ heat.

樹齢1000年、高20m、周9.1m 長崎県小長井町オガタマというのはモクレン科の植物だそうで、ここにあるのは日本一の大きさを誇っています。有明海に面した小高い岡の上にあると聞いたのですが標識がほとんどなく ずいぶん道に迷ってしまった。ミカン山の農道で地元のおばあさんに聞いてやっと巡り合えました。それは道を被うように土手に生えており巨幹が今にも倒れそうな感じで路面を横切っていました。むし暑い日でしたが、この木の下では涼しい風が通っており、なんとも言えない心地よさでスケッチすることができました。

"Konagai OgataManoki" 1000 years old, 20m high, 9.1m in Konagai Town, Nagasaki Prefecture. Ogatama is a magnoliaceous Family, and Ogatama in there is the largest in Japan. I heard that it was on a small hill facing the Ariake Sea, but there were almost no signs and I was lost a lot. At last I met a local ask grandmother on a farm road on Mountain orange. She led me to the hill. Ogatama grows too big from embankment. It covers road surface. Although it was muggy then, wind is blowing under the tree. It instanced my uncomfortable minds and enabled me to sketch the tree.

Googleマップ 長崎県諫早市小長井町川内

(次)下合瀬の大カツラ

古木を訪ねて 旅人に 告げんとするか 大カツラ 我は山神 万古動かず。Grand Katsura impress to travelers he is mountain god maintaining ...

続きを見る

(前)川古の大楠

古木を訪ねて 天翔る 巨龍下りて 三千歳 悠々として 春秋渡る Ahuge tree like a dragon flying down spends 3000 years leisurely. 樹齢 ...

続きを見る

スポンサーリンク

Copyright© ドングリ爺のblog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.