古木を訪ねて

大朝のテングシデ

2020/9/15  

古木を訪ねて 良には奇妙な木があるものです。巨木ではないが“珍木”とも言うべきものです。大朝の“天狗シデ”は、まさに その代表格でしょう。幹周3m、高12mと小粒ながら その屈曲きわまりない異様な姿は ...

定めの松

2020/9/15  

古木を訪ねて 江戸時代の初期、石見銀山奉行が三瓶山の麓に道標として松を2本植えました。これが「定めの松」とよばれるものです。“定め”とは“道を定める”という意味だそうで一里塚の意味をもっています。松は ...

山ノ神の大杉

2020/9/15  

古木を訪ねて 高知県の西、須崎の山間部に宮ノ上という小さな集落があります。そこに幹周8.5mに及ぶ巨杉があると聞いて出かけました。地元の人も殆ど知らない無名の木だけに探すのに苦労しました。農家の庭先を ...

別役の大杉

2020/9/15  

古木を訪ねて 今から420年前、土佐の武将、別役氏が戦勝祈願として杉を2本植えました。1本は大風のため倒れましたが、もう1本は順調に成長。これが“別役の大杉”とよばれるもので、物部川の支流、西ノ川の山 ...

天満神社のクスノキ

2020/9/15  

古木を訪ねて 伊予路は“稔りの秋”の真最中です。見渡す限り稲穂の海の中に大クスがそびえていました。巨大な樹冠が神社全体をスッポリと覆い遠くから見ると海に浮かぶ島のように見えます。幼い頃よく見かけた古い ...

若一王子宮の巨杉群

2020/9/15  

古木を訪ねて 全山、巨杉で埋め尽くされた広大な社に やわらかな秋の陽が降り注いでいます。1300年以上も創建の歴史が遡る このお宮は古来“縁結び”“安産”の神様として 多くの崇敬を集めてきました。今上 ...

桃原の牡丹杉

2020/9/15  

古木を訪ねて 大歩危峡谷で有名な祖谷川の中程の深い山中に「桃原」という小さな集落があります。全戸数は40戸ほどで全て「村上」ついう姓を名乗っています。部落の最奥に神社があり、幹周10mを越す巨杉がそび ...

用居川内八所神社の大杉

2020/9/15  

古木を訪ねて 永い風雨に耐えて生き抜いたきた木には独特の“味わい”があります。そえを実感するには眺めるだけでなく“触れる”ことが大事なようです。スキンシプは人間と木の交流において欠かせないものです。最 ...

岩屋寺の大杉

2020/9/15  

古木を訪ねて 四国霊場45番札所「岩屋寺」は その名の通り岩峰の中に立っお寺です。切り立った岸壁には沢山の穴が掘られており梯子が架かっています。かつての僧達が厳しい修行をした跡です。自僧の開祖 一遍上 ...

大深山の大楠

2020/9/15  

古木を訪ねて つわものが 永き眠りの クスの下 いくさの日々も 遠き夢かな。 Grand Cinnamomum camphora on the place where many soldiers re ...

Copyright© ドングリ爺のblog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.