川棚のクスの森

古木巡礼

川棚地区に生育するクスノキの巨木である。この木には戦国時代の武将大内義隆の愛馬「ひばり毛」にまつわる伝承が残され、地元の人々に神木として扱われていた。推定の樹齢は1000年以上とされ、1922年(大正11年)に国の天然記念物に指定された。幹周の太さにおいては九州などに生育するクスノキの巨木に譲るものの、幹の途中から大枝を何本も分岐させた特異な外見と枝張りの大きさなどで「日本三大樟樹」の1つとして知られる。

(次)滝部八幡宮のイチイガシ

古木巡礼 本樹は根廻り周囲七、六M、根張り周囲二十二M、目通り周囲五、三Mある。地上約五Mまで直幹となり幹には、一部縦に割裂があり、内部は空洞化しているが樹勢は盛んで、枝張りはおよそ18×24Mで典型 ...

続きを見る

(前)妙見社の大イチョウ

古木巡礼 この境内にある大イチョウは、樹齢700年は経ているものと推定される。根元の周囲11m、目の高さの幹周り8.3m、高さ約35m、枝張りは約12mあり、根元の周囲では県下最大である。雄樹であり、 ...

続きを見る

スポンサーリンク

Copyright© ドングリ爺のblog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.