大休峠

新緑の山旅

四国路は“お遍路さん”の季節を迎えて白装束の巡礼であふれています。特に“歩き遍路”の数は年々増えてゆくようです。歩くことの楽しさを楽しさを体験する上で恰好の場所なのでしょう。同じように“山登り・ハイキング”が今、空前のブームです。その主役は中高年です。ここ大山を取り巻く山々も新緑を訪ねて多くの人が登ってきます。そしてみんな足が速い。『矢筈ケ山』への登は急登1時間、びっしり汗をかきアゴを出しそうな所ですが、小生より年長者がぐんぐん高度を稼いでいます。そのパワーたるや凄まじいものです。『山が好きなんですね』とそのうちの1人に聞いてみた。『いや~最高だよ。自分の足で登りきったという充実感がたまんないね。私は花が好きでね。この次期から7月にかけては毎週違う花が開くんだよ。それをみるだけでもすっごく値打ちがある。また、山で食う飯がうまいんだ』と山談義は尽きない。五月晴れの好天に恵まれて見事なブナ林を小鳥たちのBGMを聴きながら登っていると、いつの間にかみんなに追い抜かれ、一番老人くさくノロノロと歩いている自分に気づき、思わず苦笑いしてしまいました。

Googleマップ

 

(次)宝珠尾根

新緑の山旅 鳥取県の大山は崩壊しつつある山です。脆い岩盤は大量の土砂を流出させ砂防ダムを次々と作ってもすぐに乗り越えられる有様です。さらに平成12年の『鳥取西部大地震』により崩壊は いっそう進み登山道 ...

続きを見る

スポンサーリンク

Copyright© ドングリ爺のblog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.