生きくらげ、牛肉の炒めもの、素材良ければすべてヨシ!【ドングリ爺の定年料理】

生きくらげ広島ビール牛 が手に入ったので、さっと出来て美味しい!炒め物を作ります。

生きくらげは、
3年間 群馬県桐生市に住んでいたときハマリ、しょっちゅう食べていました。

生を一度食べたら乾燥キクラゲは、食べられません。

材料(2人分)

  1. 牛肉 200g
  2. 生きくらげ 200g(2パック)
  3. グリーンアスパラガス 1束
  4. 玉ねぎ 1/4個

合わせ調味料

  1. 醤油 小さじ2
  2. 食べるラー油 小さじ2
  3. オイスターソース 小さじ2
  4. 酒 大さじ1
  5. 砂糖 小さじ1
  6. 塩 小さじ1/3
  7. 胡椒 少々
  8. 水 大さじ2
  9. 片栗粉 小さじ1/2

調理工程は、簡単!7工程 です。

牛肉を細切れに切り、塩、こしょうをふります。

牛肉を細切れに切りボールにいれ、
塩、こしょう各少々 ふり、酒 小さじ1 を加え片栗粉 大さじ1/2 をふり、もみこみ込んでおきます。

アスパラを斜め切りにします。

アスパラは根元の固い皮をむき、
4~5等分に斜め切りにします。

生木くらげは、生でも食べられるキノコです。

食べやすい大きさに切っておきます。
(* 写真は、購入した状態です。)

玉ねぎは、
1cm幅くらいのくし形切りにし、
ほぐします。

る作業は、以上です

牛肉を焼いていきます。

ポイント

油をひき、強火 で煙がたつまで フライパンを焼いておきます。

こうする事で、一気に熱が伝わり、片栗粉が固まり ギュッと肉汁を中に閉じ込めてくれます。

肉の色が変わったら、
ボールに取り出し フライパンを 掃除 しておきます。

アスパラを焼きます。

きれいにしたフライパンに油をひき、
中火 でアスパラを焼いていきます。

蓋をしてアスパラを蒸し焼きにします。

アスパラ全体に油がまわったら、
大さじ1 の水を加え、弱火 に落とし、
蓋をして 2分 蒸し焼きにします。

きくらげと 玉ねぎを加え、焼いていきます。

きくらげ と 玉ねぎを加え、
中火 で炒めていきます。

牛肉を加えます。

玉ねぎが透きとおってきたら、
取り出しておいた、牛肉を加え炒めます。

合わせ調味料を加え炒めます。

全体にからみ、とろみがつけば、完成 です!

生きくらげの食感がやみつきになります。すごく美味いです!ぜひ、作ってみて下さい。

Let's make it.

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

-ドングリ爺さん no のんびり料理

Copyright© ドングリ爺のblog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.