鱧の天ぷら・ホヤの塩辛。盆懐石 素材良ければすべてヨシ!【ドングリ爺の定年料理】

夏が旬の、
仙台の ホヤ!播磨灘の 鱧!

この辺では、
ホヤを食べる習慣は有りませんが、
関東の居酒屋では、よく食べました。

鱧の天ぷらホヤの塩辛 を作ります。

鱧の湯引き 材料

  1. 鱧 骨切ハモ1尾
  2. 小麦粉(打ち粉用) 50g
  3. 片栗粉(打ち粉用) 50g
  4. 大葉 6枚
  5. コツのいらない天ぷら粉(市販品) 大さじ 9
  6. 水 150ml
  7. 海人の藻塩(あまびとのもしお) 好み

ホヤの塩辛 材料

  1. ホヤ 3個
  2. 海人の藻塩(あまびとのもしお) 小さじ1.5
  3. 大葉 2枚

調理工程は、簡単!3工程 です。

一口大に切った 骨切鱧 に、小麦粉と片栗粉を合わせた打ち粉をします。

 

ドロは、コツのいらない天ぷら粉
大さじ 9 と 水 150ml を混ぜ合わせ
作っておきます。

天ぷら油の温度は、
170度 で揚げていきます。

170度で 2分 泡が小さくなるまで揚げます。

天ぷらは、油温が冷めないよう
大量に具材を投入するのはNGですが、
鱧の場合、少し低温から揚げて
いきたいので一気に投入します。


ホヤの塩辛を仕込みます。

仕込むといっても、
先端の硬い水口部を切り取り、
付け根部分にむかって切込みを入れ、
硬い皮をはぐだけです。

皮をはいだら、
熟し柿のような黄色い身が出てくるので、
半分に切り 黒い内臓を取り出します。

後は、水洗いをして食べやすい
大きさに切ってホヤ1個あたり、
小さじ 0.5 の塩 ...

今回は3個なので、小さじ 1.5
呉市蒲刈で作られている
「海人の藻塩」を振り冷蔵庫で、
半日以上漬けこめば完成です。

ホヤは、好き嫌いが分かれますが、
何とも言えない海の香りがして美味いです。

鱧も カラット!揚がりました。
「海人の藻塩」でいただけば美味いです!

Let's make it.

スポンサーリンク

-ドングリ爺さん no のんびり料理

Copyright© ドングリ爺のblog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.