盆懐石、素材良ければすべてヨシ!【ドングリ爺の定年料理】

夏が旬の食材で、盆懐石料理が出来上がりました。

広島県呉の夏の旬と言えば、
瀬戸内海の オコゼ の刺身です。

オコゼは、
皮がゴムのようでさばきにくい為、
魚屋さんに三枚におろしてもらいました。

呉は、仁方の地酒
雨後の月 月光 をよく冷やし
食していきたいと思います!


クーラーをガンガンに効かせ、
よく冷えた 月光!そして旬の魚!

最高に美味いです!!
Let's make it.

人は、口にして、まずい/美味い と感じますが、自分の持っている何かと比べ評価判定しています。考えてみました.. 私が日本酒に対し 比較する何か?は、雨後の月 月光 でした。日本酒の味を決める一つに、水 があります。雨後の月(相原酒造)は、私が育った野呂山の梺の同じ町、にある酒蔵です。中学3年の理科でこの地域の山は、花崗岩地層 でできていて、この湧き水は、3年前に山頂に降った雨が、ろ過されたものだ、と聞いた事を今でも憶えています。

その湧き水を使い、手間をかけて 低温熟成 させ作られた「雨後の月 月光」は、フルーティーで、切れのある 酒に仕上がっています。私は、この酒と比べ 美味いか、不味いか、を評価しているようです。

私のお勧めの日本酒は、これです!一度、口にしていただければ幸甚です。

スポンサーリンク

-ドングリ爺さん no のんびり料理

Copyright© ドングリ爺のblog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.