あったか~い 鮭 クリームシチュー、一手間で、だんぜん美味い!【ドングリ爺の定年料理】

ホッコリする、シチューの季節がやってきましたね。

一手間かけるだけで、だんぜん美味くなる鮭を使った クリームシチュー を紹介します。

押さえるポイントは、5つ です。

ポイント

  1. 冷凍鮭は、海水と同じくらい 3% の塩水に浸け解凍します。塩水に浸け、鮭から 水分流出 することを防ぎ、旨味をキープします。
  2. 塩水解凍した鮭は、酒を塗り 流水で洗います。塩水解凍した鮭は、汚れ と臭み成分である トリメチルアミン でおおわれています。酒で中和し、流水で洗い流します。
  3. 鮭は、焼き生臭さを取り除きます。煮込むと中に残っている生臭さ溶け出してきます。170度以上 で加熱すると 臭み成分は分解 しますが煮る温度では、分解しません。焼いて臭みを分解し煮込みます。魚のあらでスープを取るときも 焼いた後、あらを煮込むのがポイントです。
  4. とろけるチーズ を加え味に深みをだします。
  5. 完成した後は、1時間以上放置 し具材に味を入れます。

さぁ 作っていきましょう

材料

  1. 冷凍鮭 5切
  2. じゃがいも(男爵) 3
  3. たまねぎ 2個
  4. にんじん 1/2本
  5. 冷凍菠薐草 適量
  6. 水煮コーン 1缶
  7. 牛乳 200ml
  8. ピザ用チーズ 2つかみ
  9. クリームシチューのルー 10皿分
  10. 水 表示通り
  11. 胡椒 少々
  12. 油 大さじ 2

調理工程は、6工程 です。

塩水と同じ塩水に浸け、解凍します。

海水と同じくらいの 3% の塩水に浸け解凍します。

こうする事で鮭のうま味成分が溶け出しません。

メモ

海水と同じくらいの塩水を作るには、1000cc の水に 大さじ 2 を加えれば簡単にできます。

鮭の裏表に を塗り臭みを 中和 します。

酒を塗り終えたら 流水 で奇麗に洗い流します。

スーパーの刺身を美味しく調理 同様、
臭みをとるのが目的です。

焼くことにより、中に含まれている トリメチルアミン を分解します。

魚の中にある生臭さ(トリメチルアミン)は、100度では、分解されません。

そのままだと、シチューに鮭の 生臭さ がしみ出てきます。

焼く ことにより 中に含まれている
トリメチルアミン分解 します。

焼きあがった鮭は、
皮と骨を取り除きます。

鮭の食感が楽しめるよう、
大きめ にほぐします。

煮込む野菜の準備をします。

たまねぎは、1cm等の串切りにします。
あまり小さく切ったら煮込んだら、
たまねぎの存在感が無くなります。

じゃがいもは、煮崩れしにくい
男爵芋 を使いました。

4等分 に大きく切り
存在感をだしました。

変色を防止デンプン質を洗い流す ため水にさらします。

にんじんは、皮をむき、乱切 りにしておきます。

野菜に油をまわし、煮込みます。

たまねぎが透き通ってくる程度、炒め全体に油をまわします。

水を入れ灰汁を取りながら15分 煮込みます。

煮込み終えたら 火を止め ル-をとかします。

牛乳・コーン・ピザ用チーズ を加えます。

野菜を煮込み終えたら、

  1. 水煮コー
  2. ピザ用チー

を加え 5分 煮込みます。

火を止め、鮭・冷凍菠薐草 を加えます。

5分 煮込んだら、火を止め
鮭・冷凍菠薐草 を加え 余熱
1時間以上 休ませたら完成です。

鮭の生臭さは、まったく感じません!

又、ピザ用チーズを加える事ですごく
味にコクと深みが出ています。

デニッシュパン で頂きたいと思います。ホッコリしてすごく美味いです。

Let's make it.

スポンサーリンク

-ドングリ爺さん no のんびり料理

Copyright© ドングリ爺のblog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.