鶏モモ肉のコチュジャン・マヨ 炒め、これ簡単なくせに美味すぎでしょう!【ドングリ爺の定年料理】

今回は、炒めるだけ!

簡単に作れる、
鶏モモ肉の、コチュジャン・マヨネーズ炒めを、作っていきましょう。

調理工程は、11工程 です。

鶏の臭み抜き。

鶏肉には、独特の臭みがあります。
浸透圧を利用して臭み抜きを行います。

バットに、軽く塩を振り鶏肉をおきます、上面にも軽く塩を振り、約10分ねかせます。
(今回は、モモ肉 2枚を使います。)

臭み水分のふき取り。

約10分経ったら浸透圧にて臭み成分が、でてきますのでキッチンペーパーで、ふき取ります。

このひと手間で、臭みを抜くことができます。

鶏肉のカット。

鶏肉からでた水分を取り除いたら、一口大にカットしていきます。

火を通したら水分と油が肉からでて、ひと回り小さくなりますので、少し大きめにカット して下さい。

マヨネーズをもみこみ、ねかせる。

カットしたら、
マヨネーズ を 大さじ 2 程度かけ、よくもみこんで、30分ほど冷蔵庫で寝かしてください。

合わせ調味料作り。

寝かしている間に、合わせ調味料を作ります。

鶏モモ肉2枚の分量

  1. コチュジャン 大さじ 2
  2. 酒 大さじ 2
  3. 水 大さじ 2
  4. マヨネーズ 大さじ 1
  5. 砂糖 大さじ 1
  6. 醤油 小さじ 1
  7. オイスターソース 小さじ 1
  8. 創味シャンタン(なければ、鶏ガラ顆粒) 小さじ 1
  9. ニンニク 1カケ
  10. 胡椒 少々

材料を合わせたら、混ぜ合わせます。
マヨネーズが玉になっていてもかまいません。

焼くときに熱を加えると溶けます。

鶏肉を焼く。

30分ねかせたら、皮目を下にして、火(中火↑)をつけ、4 ~ 5分きつね色になるまで焼きます。

マヨネーズを使う目的は、含まれている油で焼くことと、卵成分でコーティングし、肉汁を閉じこめることです。

ポイント

マヨネーズは、火を通せば酸味は飛びます。


ひっくり返して裏面を焼く。

皮面を焼いたら、
ひっくり返して 3分ほど焼きます。

焼き終えたら火を止め、
キッチンペーパーで出た油をふき取ります。

ふき取らないと、油に臭みが出ているのと、この後、合わせ調味料を入れますが、味がぼけてしまいます。

合わせ調味料を入れる。

合わせ調味料を入れます。

煮詰まるまで煮込む。

肉にからませながら煮込んでいき、煮詰まったら完成です。

最初は、マヨネーズが玉になっていますが、煮込んでいけば溶け込みます。

皿に盛りつける。

フライパンから取り出して、皿に盛りつけます。

包みレタスを作る。

レタスに包んで食す為、1枚づつはがしていきます。

ポイント

小さくなって行くと、はがしにくくなっていきます。

最初にレタスの芯を取り除いてからはがすと、楽にはがせます。

レタスの代わりに、焼肉を巻いて食べる、サンチュ を使っても OK です。

薬味は、
大葉海苔きざみねぎ が合います。

今回は、大葉の風味を楽しみたいので、焼酎の炭酸割で頂きます!

レタスに、
薬味をトッピングして食べれれば、最高に美味いです! Let's make it.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

-ドングリ爺さん no のんびり料理

Copyright© ドングリ爺のblog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.