スッポン鍋 。酒をたっぷり使い、焼きネギを入れるのが決めて!【ドングリ爺の定年料理】

メキシコに行ったとき、ウミガメのスープ というものを食したことがありますが..

クジラ肉のような味で美味い物ではありませんでした。

日本では、スッポン と言う亀が食べられていて、昔は野生のスッポンしか手に入らなく、需要と供給の関係で高価な食べ物でした。

最近は養殖技術が進み、庶民でも口にすることができる価格にて、手に入るようになっています。

アマゾンでもネット購入できるようです。

爺さんは、地元の養殖業者から取り寄せて食ました。ウミガメとは、全然違い美味いです!

例えていったら、ゼラチン質が多い、クセのない鶏肉の味 です。

小骨についた肉をしゃぶりながら、ちびちび食べるのも美味い物です。

ポイントは3つ、あります。① ケチらないで 酒はたっぷり使う。② 体が温まる 生姜をたっぷり使う。ネギは焼いてから加える。です。

ポイント

  1. 日本酒は、貝にふくまれている(コハク酸)、昆布に含まれている(グルタミン酸)、しじみに含まれている(アラニン)など多く含まれている旨みの固まりです。ケチらず大量に使いましょう。
  2. 生姜には、ジンゲオール(辛み成分)が多く含まれ、これがピリピリの原因ですが、を加えると ショウガオール に変わり辛みが消え、血流を高め体をポカポカさせます。たっぷり加えましょう。
  3. ネギはスッポンとよく合います。焼いて香ばしさ(メイラー反応)をつけ加えましょう。

芯から体が温まるスッポン鍋、
さぁ 作っていきましょう!

材料

  1. スッポンの切り身 170g
  2. 甲羅コラーゲンスープ 200ml
  3. 昆布出汁 300ml
  4. 酒 300ml
  5. 醤油 大さじ 2
  6. 生姜スライス 小1個
  7. 長ねぎ 1本
  8. 椎茸 3枚
  9. 春菊 3ワ
  10. 豆腐 半丁

調理工程は、4工程  です。

出汁昆布・酒・生姜スライス でスープの素を作ります。

出汁昆布は、300ml の水に 30分 浸けておき中火 で加熱し 沸騰する直前に取り出します。詳しくは、便利な出汁昆布 記事を参照ください。

酒を同量の 300ml 加え アルコールを飛ばします。

スライスした生姜を、たっぷり加え 中火 で 5分加熱します。ジンゲオール が ショウガオールに変化辛みが消えます。

洗ったスッポンの切り身を加えます。

スッポンの切り身についている、血を洗い流します。

注意ポイント

ワインと血を割って飲みますが鍋にする場合、肉に血がついていると臭みの原因なります。流水 で洗い流して下さい。

灰汁が大量に出てきます。このタイミングで、生姜と一緒に取り出しましょう。

焼いたネギを鍋に加えます。

焼きネギは、フライパンに少量の油を引き 強火で加熱させ、焦げ目をつけていきます。油を加えないと焦げ目がつかないため 少量 加えて下さい。

甲羅コラーゲンスープを加え 醤油で味を決めたら完成です。

ネギに火が通ったら、甲羅コラーゲンスープを加えます。

最後は、醤油で味を決めます。大さじ 2 加えましたが、味を見ながら加えて下さい。

味が決まったら 完成 です。椎茸、春菊、豆腐 など お好みの野菜を加え食しましょう!

ゼラチンたっぷりで、小骨についた肉をしゃぶりながら、食べるのは温まります。濃厚な鶏肉 のような味で美味いです。

又、焦げ目をつけたネギが良い仕事をしています。

スープが信じられないくらい美味いです

体がポカポカしてきました。体を温める生姜の効果は絶大です。

Let's make it.

残ったスープで 締めの雑炊 を作りました。いくらでも食べれます!

スポンサーリンク

-ドングリ爺さん no のんびり料理

Copyright© ドングリ爺のblog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.