おせちの一品、黒豆。食感とスッキリした甘さが特徴!【ドングリ爺の定年料理】

今年も、まめに【勤勉で】まめに【健康で元気に】暮らせますように。

豆の食感を残し、スッキリ上品な甘さの黒豆を作ります

最近は、すでに調理加工された 黒豆を見かけますが。昔は、お袋が正月に鍋いっぱいの黒豆を炊いてくれたものです。

お袋の味は、重曹を使わないで柔らかくせず錆びた釘を入れないで真っ黒にせず甘さは三温糖を使い、豆本来の食感を残した 上品な甘さ が特徴 の 黒豆 でした。

お袋の味に一歩でも近づきたいと思います。

ポイントは4つ、① 粒の大きな黒豆を使う、② 重曹は入れず、炊き上げる水の量は、豆の 6倍 で 極弱火長時間炊く、③ 炊く豆を空気にふれさせない、④ 甘さは、煮る豆と同量の 三温糖 を使う、です。

ポイント

  1. 粒の大きな豆 を使いましょう。豆が大粒になるほど美味いです。
  2. あんこを作るのではないので重曹は使わず、たっぷりの水 極弱火長時間 かけ豆に熱を入れます。
  3. 炊いている豆が空気にふれると皮が シワくちゃ になります 。原因は、急激な温度変化 です。落し蓋キッチンペーパー などで 豆が空気に触れないようにします。
  4. 調理加工された黒豆は、日持ちするように糖分が多く甘すぎます。炊き上げる水の量が多いため、甘さの強い 三温糖 で上品な甘さにします。

豆本来の食感があり、甘さを控えた 上品な甘さの 黒豆 は、いくらでも食べられますよ!

さぁ 作っていきましょう!

材料

  1. 丹波ぶどう豆 250g
  2. 水(使う豆の 6倍) 1500cc
  3. 三温糖(使う豆と同量) 250g
  4. 醤油 小さじ 1
  5. 塩 小さじ 1/2

調理工程は、5工程  です。

黒豆の汚れを落とし、一晩水に漬けます。

黒豆を洗い汚れを落とし、炊く豆の6倍の水 に一晩つけておきます。 

漬けておいた黒豆に三温糖を加えます。

一晩つけた黒豆は、元の大きさに戻っています。

黒豆と 同分量の三温糖 を加えます。
使う黒豆が250gなので、三温糖も250g になります。

三温糖を加えたら軽く混ぜます

灰汁を取り 極弱火 で煮ていきます。

中火 で沸騰 させ、出てきた灰汁を取り除きます。結構、灰汁がでます。

注意ポイント

急激な温度変化をさせると、黒豆の皮がシワになってしまいます。中火以下少しづつ水の温度を上げ 沸騰 させて下さい。

黒豆をキッチンペーパーで空気遮断し蓋をずらし 極弱火 に落とし 3 ~ 4時間 じっくり火を入れていきます。キッチンペーパーを使うときは灰汁も取れ重宝しますが、長時間煮ていくと紙が劣化するので様子を見て取り換えて下さい。

極弱火で3時間煮たら、黒豆の硬さを確認し甘さを引き締めます。

極弱火で 3時間 経つたら 黒豆の煮え具合を確認します。

黒豆の縦方向に力を加え、軽く潰れたら奇麗に煮えています。

隠し味の 醤油 小さじ 1 加え、塩 小さじ 1/2 で甘さを引き締めます。

落し蓋をして、冷ましたら 完成です。

くれぐれも、空気に触れ 急激な温度変化 で黒豆がシワにならないよう、落し蓋をして冷まします。

シワもなく奇麗に炊けました。
さっそく食して見たいと思います。

錆びた釘を入れなかったので真っ黒ではありませんが、豆の食感品な甘さと言い、お袋の味です!

いくらでも食べられる美味い黒豆が炊けました。

Let's make it.

スポンサーリンク

-ドングリ爺さん no のんびり料理

Copyright© ドングリ爺のblog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.