鯛の昆布締めとキュウリの塩もみ添え。簡単に作れ本格的な味!【ドングリ爺の定年料理】

今回は、爽やかに広島特産のレモン汁で食べる、鯛の昆布締めキュウリの塩もみ添えを作っていきます。

サッパリした昆布締を作りたいので、油の多い腹身はさけ、背中の身を使います。

調理工程は、6工程 です。

バットに塩をふる。

まずバットにかるく塩をふります。こんな感じ...

鯛を入れ、もう片面に塩をふる。

バットに買ってきた鯛のサクを入れ、もう片面にかるく塩をふります。こんな感じ...

注意ポイント

身の大きさで違ってきますが、レモンをかけて食べる為、両面で 1.5g(小さじ1/3) 以下でOKです。

水分をふきとる。

塩をふり約10分おくと、
浸透圧にて臭みを含んだ水分が出てくるので、キッチンペーパーを使って両面の水分をふき取ります。

ポイント

この水分には、鯛の臭みが多く含まれていますので、よくふき取って下さい。

銘柄にこだわったり、又、幅広のそろった昆布を使えば、それなりに美味くなりますが、スーパーで安価に売られている不ぞろいの出汁昆布を使って、いかに美味くできるか挑戦したいと思います。

よく昆布の表面に白い粉がふいていますが、これは天日に干したときに結晶となった昆布の甘味成分です。
使用する安価な昆布は、この甘味成分が少ない為、日本酒を塗って補いました。

ラップの上に昆布を並べ、酒をぬる。

不ぞろいの昆布に日本酒をぬり、鯛の身がつつめる大きさにラップ上に並べていきます。

鯛の身をのせる。

並べ終えたら 、その上に鯛の身をのせます。

鯛の身に、酒を含ませた昆布をのせていく。

身をのせたら、
その上から日本酒をふくませた昆布を、身がかくれるまでおおっていきます。

かぶせ終わったら、空気を抜きながらラップでしっかりとつつみます。

もう一枚のバットにて、輪ゴムで重しをする。

ここで、もう一枚のバットをつかい、輪ゴムではさむことにより重しがわりにします。

今回の作業は、
ここまでで、この状態で 冷蔵庫で1日 ねかせば、昆布締めの完成となります。

冷蔵庫で1日ねかせたバッドを取り出します。

輪ゴムをはずし、鯛をとりだす。

1日たちました。バッドを冷蔵庫から取り出し、輪ゴムをはずしていきます。

こんな感じで、よく漬かっています。

きゅうりをスライスし塩をふる。

鯛を切る前にスライスしたキュウリに塩をふっておきます。

約10分経ちました、かなり水分が出ています。

鯛を切り、皿に盛りつける。

昆布締めした鯛を切り、皿に盛りつけていきます。

[/st-step]

注意ポイント

昆布締めした鯛は身がねっとりして、切りにくいので 包丁を酒で濡らし 切っていきます。

きゅうりを 絞り、添えていく。

鯛の身を切って並べた皿によく絞りキュウリをそえます。

こんなに水分がでました。

広島レモンを添えて完成です。さあ!試食していきましょう。

鯛の昆布締めといったら、酒は日本酒でしょう!
お気に入りの山形の地酒、”でわざくら” にしました。

冷房をよく効かせた部屋で飲む ”でわざくら”と、鯛の昆布締めは、予想した通りすごく美味いです。Let's make it.

おまけ

関東で暮らしていたとき、新潟の酒  一番搾り ふなぐち 菊水 のアルミ缶をよく飲んでいました。

広島のスーパーにも売っていたので、速攻で購入しました。

この酒は、アルコール度数が19度と高くロックで飲むのがお勧めです。

冷奴を肴に久々に飲みました。超甘口で旨い.. 懐かしい!

昆布締めにつかった出汁昆布を使い、昆布出汁をとっておきました。

便利な昆布出汁作り、なんにでも使えるよ!【ドングリ爺の定年料理】

技術の進歩は、 すばらしく顆粒状のインスタントを使っても美味しい昆布出汁が、簡単に作れる時代になりました。 今回は、 昆布締めで使った出汁昆布をつかって昆布出汁を作ります。 普通、昆布から出汁を取る割 ...

続きを見る

 

スポンサーリンク

-ドングリ爺さん no のんびり料理

Copyright© ドングリ爺のblog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.