本格的 カレイの煮つけ、民宿のお母さん 直伝 !【ドングリ爺の定年料理】

民宿で出されたカレイの煮つけが
衝撃的な美味さで、作り方を聞きました。

特別なことは、していない!
との事でしたが二点ほどコツが
ありました。

スーパーで売っている解凍物の、
カレイを美味い煮つけに仕上げます。

早速 作って行きましょう!

材料

  1. ギンカレイ 300g
  2. 生姜 1個
  3. 長ネギ 1本
  4. 醤油 大さじ 3
  5. 味醂 大さじ 3
  6. 三温糖 大さじ 3
  7. 酒 大さじ 6
  8. 水 100cc

調理工程は、5工程 です。

残っている ウロコ や 汚れ を取り除きます。

尾から頭に向け包丁でしごき、
残っている ウロコ汚れ
掃除しておきます。

奇麗に掃除をしたら皮目に
切込み を入れます。

切れ目を入れないと を加えると、
身がちじみ 崩れてしまいます。

切れ目を入れたら 湯引 きをします。

約80度 のお湯に 10秒 ほどくぐらせ、
直ぐに 冷水 で冷やします。

これをする事により、ヌメリと、
臭み がとれ 汚れも奇麗に洗えます。

教わったポイント1

    1. ここまでの処理が終わったら、 冷蔵庫で1日干し ます。正確には、冷蔵庫に入れ 1日乾かし 水分を飛ばし ます。

針生姜を作っておきます。

皮をむきます。
これは、臭み消しで一緒に煮ます。

細切りにして 水にさらしておきます。

フライパンに 醤油・酒・味醂・三温糖 を入れ 煮切ります。

アルコールを飛ばし、
少し 煮詰 めます。

この一手間で 仕上がりが変わります。

アルコールが飛んで トロミがついてきたら 水 を加えます。

水を加え ひと煮立ちさせたら
タレの完成です。

カレイを煮ます。

カレイ・長ネギ・生姜の皮 を入れ
煮立ったら アルミホイール で
落し蓋をして、中火強6分 煮ます。

教わったポイント2

      1. 吹きこぼれない程度の火力で、落し蓋の中でタレを対流 させます。対流がおこり、 アルミホイルがプクプク浮き上がったら 6分 煮ます。

 

落し蓋をとり、タレを回しかけます。

6分 経ったら アルミホイールを取り、
タレを回しかけながら 煮詰め ます。

煮詰まったら 火を止め 放置します。
冷えていく段階で グッと 味がしみていきます。

注意

身が崩れますので、 ひっくり返さないで優しく上からタレをかけて煮詰めます。

もう一品 じゃがいも と 菠薐草 の味噌汁を作ります。

材料

  1. じゃがいも 1個
  2. 菠薐草 3株
  3. 昆布出汁 500cc
  4. 味噌 大さじ 2

鍋に 1000ml の 水を入れ
昆布30分 漬けておきます。

昆布を漬けた鍋を火にかけ、
沸騰直前で昆布を取り出し、
具材を入れ灰汁を取りながら
中火 7分 煮ます。

最後に 味噌 大さじ 2を溶かしたら
完成です。

早速、いただきましょう!

やはり、冷蔵庫で 水分を飛ばし
火を弱めず落し蓋をして 対流 させ
煮たカレイは、身の外れもよく

味がしみて一味違い
最高に美味いです!

Let's make it.

スポンサーリンク

-ドングリ爺さん no のんびり料理

Copyright© ドングリ爺のblog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.