癖になる味 呉冷麺(珍来軒)

郷土 呉 にはガキの頃から食べていた 

珍来軒 が発祥と言われている 呉冷麺 があります。

ちじれた平麺、ごま油の風味いっぱいの甘いタレ..

高級な食べ物ではありませんが、

酢辛子でパンチをきかせた味は絶対に病みつきになります!

近くのスーパーに売っているので暑い時期になると

いつも食べています。

近くに売っていなくても今の時代、

全国どの地域でもネットで入手できます。

話のタネに一度食してみて下さい!

Max
Max

D爺さんのカバチ(能書き)だらだら記事を読む暇のない人は、記事の最後にあるファイルをダウンロードして下さいだワン!
呉冷麺

材料

  1. 呉冷麵(珍来軒) 1袋
  2. きゅうり 1
  3. むき小エビ 250g
  4. ゆで卵 2個
  5. チャーシュウ(市販品) 1パック

ポイント

ポイントはエビの臭み抜きをする為に塩を振り、酒で洗うことによりアルカリ性の臭み成分を酒の酸性で中和させます。

塩を振りかけることにより浸透圧にてエビの旨み成分が溶け出さないようにします

調理工程は超簡単、5工程  です。

きゅうりを細切りにします。

きゅうりの上下ヘタを切り落とし斜め切りにします。

横一文字に並べ細切りにします。

ポイント

細切りきゅうりは、パリパリにしたいので冷水でしめ冷蔵庫で冷やしておきます

むき小エビの臭みを取り除き塩茹でにします。

エビの臭みを取り除きます。

小さじ1 の 塩を振りかけます。

エビが半分浸かる程度、酒を注ぎこみます。

酒が濁るまで軽く手でもみ洗いを行います。

エビを流水で洗い塩分を洗い流します。

ポイント

酒が紫色に濁ってきますが、これが臭み成分と汚れです

この一手間で臭みと汚れがとれます

エビを塩茹でにします。

小鍋に水 300ml 程度ぶちこみ塩 小さじ1/2 加えます。

沸騰したらエビを加え 中火2分 茹で上げます。

茹で上がったらザルにあげ冷まします。

メモ

エビの臭みと汚れを落としているので 灰汁 はほとんど出ません。

大きな鍋にいっぱいの水をぶち込み 麺を茹で上げます。

大鍋に極力入る水をぶち込み沸騰させます。

ポイント

麺は鍋に入れる前に袋から出しほぐしておきます

麺をぶち込んだら温度が下がり底に沈みひっつくので箸でかき混ぜます。

温度が上がってきたら 吹きこぼれず面が中で対流する火力で 2分 茹で上げます。

茹で上がったらザルにあげ流水でヌメリを取り冷まします。

茹で上げは熱いので流水で冷まします。

もみ洗いをして麺のヌメリを取り除きます

写真にはありませんが、
氷水でしめ皿に盛り付けます。

かやくをトッピングし特製タレをかけたら完成です。

かやくをトッピングします。

特製タレと酢辛子をかけます。

アクセントでピリッと辛みがきき、

ごま油の風味が通う甘いタレ、

コシがあり食感がたまらないチジレ平麺..

癖になる味です。

熱い時期はコレ!

いつ食べても ブチ美味い(すごく美味しい)です。

ぜひ食べてみて下さい。

Let's make it.

スポンサーリンク

-ドングリ爺さん no のんびり料理

Copyright© ドングリ爺のblog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.